屋根・外壁の遮熱塗装について

2019/04/17

小屋裏のある戸建て住宅における熱の出入り=部位別の構成(経済産業省・建材産業協会)

屋根からの流入=11% 外壁からの流入=7%

窓からの流入=73%←ここがポイント!

小屋裏のある戸建て住宅の外壁と小屋裏の換気・通気

①外壁の通気=外壁通気構法

 窯業サイディングの裏側=空気が流れています。

 窯業サイディングに遮熱塗装しても室内への温度低下効果はゼロです。

②小屋裏換気=住宅金融公庫「工事基準」、長期優良化住宅「劣化対策」にて規定。従いまして、小屋裏換気が有るときは小屋裏の温度は『外気温』。遮熱塗装の効果はゼロです。

・遮熱塗装の効果は、事前に『小屋裏換気』『外壁の通気構法』の確認が必要です。

・通気または換気が無い時は、多少の改善効果が期待できます。

・夏の遮熱効果があるときは、冬は寒くなります。

・夏の室温低下には『窓』の遮熱が最大の効果となります。