(一社)木造住宅塗装リフォーム協会の研修会に行ってきました。

2019/02/07

本日は弊社が加盟している、(一社)木造住宅塗装リフォーム協会の定期研修会に行ってきました。

福島県で活躍されている、志賀塗装(株)の志賀社長様の特別講演や、高機能内装塗料の話など、とても有意義な研修会でした。

この高機能内装塗料は、木炭をベースに作られていて、壁や天井に塗装すると、臭いや化学物質を吸着し分解して、よどんだ室内の空気を澄んだ空気に変える、体に優しい室内環境を生み出すというもので、既に各公的機関で実証されているそうです。

さらに、この塗料が塗られた壁に電気を流すと、室内の空気イオン比率が変化し、マイナスイオンの多い空気が作られ、NK細胞の活性効果がある事が、国内外の学会で発表されているそうです。

(一社)木造住宅塗装リフォーム協会は、昨年の11月に国土交通省の住宅リフォーム事業者団体に認定登録されました。

住宅リフォーム事業者団体の認定にあたり、リフォームかし保険に加入することが条件になっています。弊社は、昨年の3月にリフォームかし保険に加入しましたが、12月までの実績が(一社)木造住宅塗装リフォーム協会で、第8位となり表彰状をいただきました。

 

住宅リフォーム事業者団体とは

住宅リフォーム事業の健全な発達及び消費者が安心してリフォームを行うことができる環境の整備を図るために、国土交通省の告示による住宅リフォーム事業者団体登録制度を創設しました(告示公布・施行平成26年9月1日)。

住宅リフォーム事業者団体の登録に関し必要な事項を定め、要件を満たす住宅リフォーム事業者団体を国が登録・公表することにより、団体を通じた住宅リフォーム事業者の業務の適正な運営を確保するとともに、消費者への情報提供等を行い、消費者が住宅リフォーム事業者の選択の際の判断材料とできるなど、安心してリフォームを行うことができる市場環境の整備を図ります。 

(安心の理由)
1. 登録団体が会員事業者の情報を開示するとともに、教育研修を行って人材育成を進めています。
2. 登録団体は、相談窓口を設けて、会員事業者の行ったリフォーム等に関する消費者からの相談に対応し、会員事業者に対して必要な指導等を行います。
3. 登録団体会員事業者は、契約時に必要な書面を交付し、一定額以上の工事では、かし保険に加入します。(注文者があらかじめ書面で不要の意思表示をしている場合を除く)
4. 国土交通省は、登録団体の情報を公表するとともに、登録団体に上記の取組状況を報告させ、適切に実施されているか確認します。

国土交通省のHPより。