頑固一徹。仕事にこだわる・・ 優しい職人さんって好き?

2018/06/05

最近の職人さんは、昔に比べると、お客様に対して優しく接するようになりました。

昔は、仕上がりの細かい部分は職人さんに任せっきりで、ちょっと私の希望と違うようだと思っても、こだわりの腕をふるって黙々と作業する姿に、声もかけにくい雰囲気もあり、我慢することもありました。

 

そして、時代はリフォームブームに入ってきて、お客様の業者選びも慎重になり、職人さんといえどもお客様への対応、マナーが重要視されてきました。ぶっきらぼうで無口な職人さんも、一生懸命にお客様対応の勉強をしています。

 

そんな中、あるお母さんから、こんなお声もありました。「職人さんというと無愛想で、聞いていると恥ずかしくなるような会話をしながら、作業をしているイメージがありました・・」

普段、建築業界にまったくご縁のない方には、まだまだ良くないイメージが残っているのは事実です。

 

しかし、そう思っていたお母さんも、我が家のリフォームで実際、職人さんとふれ合うと、

「さわやかに挨拶してくださり、黙々と作業する中でも、ここはどうしますかと、お声がけも優しくしていただきました。仕上がりも満足しています」

というように、職人さんのイメージが変わりましたという方がほとんどということも事実なんです。

 

今や職人さんは、「お客様に良い印象を与え、良い評価をもらうこと」、それも仕事の一部になっています。

ですから、あまり細かいことまで言うと、職人さんに嫌がられるなんて思わないで、思い切って声をかけてみてくださいね。